自律神経失調症の治し方

自律神経失調症の治し方とは?

  スポンサードリンク

自律神経失調症の治し方といっても、原因も症状も人それぞれで、実は医者でも何かよく分からない病気を自律神経失調症と名付けてしまうというほど、はっきりしたことは分かっていないとされています。

 

体だけの問題ではなく、心の問題と体の問題が一緒になって症状として出ているような場合が多いようです。そのために「これが治療法です」というものはありません。

 

しかし、心を悩ませているものがあれば、それを気にしないような考え方に変えることや、その環境をガラッと変える生活をするということも必要になります。例えば人間関係の場合は、その関係を思い切って断ち切って生活する環境に変えることも1つです。

 

もちろん、いくら変えても考え方が悲観的であったり、後向きなら、また同じことが起ることもあります。この辺はまったく人によって違います。ただ言えることは規則正しい生活と食事が治し方の基本ということです。

 

自律神経失調症になるとお風呂も入りたくなくなったりもするのです。毎日、同じような時間にお風呂も入り、食事もし、睡眠もしっかり取るようにしましょう。食事もビタミンやミネラルの不足はとても悪影響を与えるので、栄養のバランスも考えましょう。

 

朝起きは、体にも精神的にもお勧めですので、早寝、早起きを習慣付けるようにしましょう。特に夜眠れないのも自律神経失調症の症状ですので、そのときには軽い睡眠導入剤を医者からもらうのもいいでしょう。

 

そのほか、姿勢を良くするというのも、良いといわれています。これも前向きに考えるようになるためかも知れませんね。「体動心」と東洋医学ではいいますが、体と動きと心はすべて連動しているということですね。その言葉がそのまま当てはまるのが、この自律神経失調症ではないでしょうか。

スポンサードリンク



サイトマップ