自律神経失調症の治し方・子供

自律神経失調症の治し方・子供の場合

  スポンサードリンク

最近、自律神経失調症の子供が多くなったといわれています。例えば朝礼などで立っていられない。急に立ったときに立ちくらみがする。頭痛、腹痛が繰り返される。運動しても汗がでない。よく眠れないなど、本当に様々です。

 

特に朝起きられない子供が多くなり、それは学校に行きたくないことが原因ではないかとも言われています。そうなると精神的な問題が強く影響している自律神経失調症ということになり、治し方も難しくなります。

 

しかし、大きな原因には睡眠時間の問題や食事の問題もあるようです。これらは受験勉強のための塾通いなどにも起因しているもので、夜遅くまで塾に通っている事や、それによって途中でパンなどを食べてしまうこともあり、栄養のバランスが悪くなっているということも影響があるようです。

 

規則正しい生活ができなくなっていることや、エアコンなどの使い過ぎなど、体のバランスが崩れることが身の周りに溢れているために、元来元気なはずの子供にまで自律神経失調症という病気が増えてしまっているのではないでしょうか。

 

また、勉強やゲーム、パソコンという生活が主体になってきた子供たちは運動料がどんどん減って行っています。そのために運動不足、体のゆがみ、眼の疲労など、今まで子供とは縁の薄かったことが降りかかってきているのではないでしょうか。

 

まず規則正しい生活、食事、睡眠、運動、この基本の4つを、親として考えてあげるべきではないでしょうか。自律神経失調症の子供を増やさないよう、多くの医者も警鐘を鳴らしています。

自律神経失調症の治し方・子供の場合の情報でした。

スポンサードリンク