自律神経失調症の治し方・更年期

自律神経失調症の治し方・更年期について

  スポンサードリンク

自律神経失調症という病名でも、いわゆる更年期障害ということもあります。この場合、女性ホルモンが急激に落ちることから、いろいろな体内のバランスが崩れていく状態で、1年程度で自然に改善にされることがほとんどですが、長い人は10年以上かかる場合もあります。

 

気持ちも鬱状態になることもあり、家族の理解がないとますます孤独になっていきます。治し方としては好きな趣味を持つことが1つです。それもただ時間を費やすというより、それをやって仕事にするとか、資格を取るとか、なにか具体的な目的があるとより良いと思います。

 

 

一生懸命になれるものがあると、とても改善にいい傾向が見られます。自分が何のために生きているのか、誰が自分を求めているのかが分からなくなると、孤独感も強まります。実際に子供も手を離れ、必要とされなくなるような状況が心や体にも影響するようです。

 

だからこそ一生懸命になれるような目的のあることを始めるのは、自律神経失調症や更年期障害でもオススメできる治し方なのです。また、専業主婦の方が仕事を始めてみるのも良いでしょう。

 

ただ、更年期が辛くて仕事もなかなかできないということもあります。自律神経失調症もまた同じですね。そんなときには、少しからだを休ませながら、楽しめる趣味や好きなことに没頭するようにするのもいいですね。

 

食事などでは女性ホルモンと酷似した大豆タンパク質を多く摂るようにしましょう。豆腐を始め、豆乳、みそ、納豆などを多くとることで、少なくなった女性ホルモンを補うかたちになってきます。

 

あとは心の問題ですので、人に求められる何かを始めるのも良いですね。例えば仕事でもボランティアでも、自分が自分以外の人間に求められることで自分の価値を知ることができるからです。

自律神経失調症の治し方・更年期の場合の情報でした。

スポンサードリンク